税理士ブログ

税理士法人わかば:TOP > ブログ > 2014年 > 1月

中小企業税制パンフレットが発行されました

みなさん、こんにちは!

税理士法人わかばに、新しく2人の方が入社しました!

2人とも金融機関系の経験者ですので、非常にきっちりしていて逸材ですね。

 

さて、今回は「中小企業税制パンフレット」の紹介です。

中小企業は大企業に比べて優遇されている税制があります。

基本的な内容としては、

・法人税率の軽減

・欠損金の繰戻控除

・交際費の特例

ですが、

それ以外にも沢山あります。

 

ですが、それぞれの内容が多少複雑で分かりやすい資料が中々無いのが泣きどころでした。

ところが、この「中小企業税制パンフレット」は非常に分かりやすい内容になっていますので

一瞥の価値はあると思います!!

cyuusyou

 

 

 

 

 

 

 

 

週三回やっている所内勉強会での資料にしようと思っています!

節税も内容を知っていないと漏れることも多いですので、

全員の知識レベルを同じにすることは税理士法人の義務ですね。

 

 

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/zeisei/pamphlet/2014/index.htm

 

ご利用にあたって及び免責事項

http://www.wakaba-tax.com/?p=564

会社を作るときに考えないといけないこと:これを忘れてはいけません

私は税理士として、新設法人説明会の講師をたびたびしています。

そこでは多くの新たな社長さん、経理担当者の人が居るわけですが

この話をすると何人かは、( ̄□ ̄;)!!

という顔になります。(そして数秒うつむきます・・・)

 

それは何かというと「青色申告書の承認の申請」の提出期限の話です。

そもそも青色申告の特典は、

①その事業年度で出た欠損金の翌期以降9年間の繰越控除が認められます

②その事業年度で出た欠損金の繰戻しによる前1年以内の法人税額の還付(中小企業のみ)

③様々な節税策の適用

があるんです。

 

このうち最も大事なのは①ですよね。

会社を興して最初から黒字が出せる会社はそう多くはありません。

ですので将来の黒字に向けて今出ている赤字を「貯金」しておく必要があるわけです。

 

この適用がないと、ずっと赤字だった会社がようやく黒字が出た場合に

その黒字にいきなり税金が課税されることになってしまうわけです。

 

そしてこの「青色申告書の承認の申請」には提出期限があります。

新規設立事業年度の場合は、

→普通法人又は協同組合等の設立の日の属する事業年度の場合は、

設立の日以後3月を経過した日と当該事業年度終了の日とのうちいずれか早い日の前日まで

となっております。

 

で、セミナーではこの期限が過ぎてしまって欠損金の繰越が出来ないことを知った社長さん方が( ̄□ ̄;)!!

となってしばしうつむく訳ですね・・・・

 

会社を作る上で大事な事は、作ってがんがん営業するだけでなく

前々に税務のことも考えてスタートを切ることです。

 

税理士・行政書士・提携の司法書士がご連絡をお待ちしております!

ワンストップ・サービスでみなさんの起業を後押しします。

 

ご利用にあたって及び免責事項

http://www.wakaba-tax.com/?p=564

会社を作るときに考えないといけないこと:決算月はいつにするか?

会社を作るときには、色々と考えないといけないことがありますよね。

・定款の目的は何にするか。

・役員の任期は何年が良いのか。

そして決算月はいつにするのが良いのか?

日本は3月決算が多いからといった単純な理由で

3月決算に決めてしまったりするのは危険です!

 

なぜならば、もしあなたの会社が3月に沢山売上の上がるビジネスをしていたらどうなると思いますか?

3月の売上は入金が無くても3月の収入として計算されます。

つまり税金の対象となってしまうのです。

3月決算法人の3月の売上に対して取れる節税策は限られています。

ですので一番売れる月は、その会社の会計期間の前の方になるよう

決算月を考えるべきなのです。

 

3月に売上が大きく計上されても、決算月が2月であれば

ほぼ一年かけて対策を考えることが出来ますよね!

 

「会社を作るときに考えないといけないこと」は沢山あります。

町田の税理士法人わかばにお問い合わせ下さい。

一緒に会社の未来を考えましょう!

 

ご利用にあたって及び免責事項

http://www.wakaba-tax.com/?p=564

 

国外財産調書制度

みなさま、おはようございます。

町田の税理士法人わかばです。

 

昨日は同年代の税理士が集まって

今年の目標などを発表しあったのですが

税理士のマーケティングとしてはやはりインターネットは欠かせないとの話があがりました。

まあ、時代的には当然といえば当然なのですが

問題は「どのように」インターネットでマーケティングをするのか・・・?

というところですね。

 

何百万円もかけてやるのか、それとも別の方法でやるのか?

昨日の答はまずは「毎日ブログを更新」で落ち着きました!

ですので毎日頑張ります!

 

さて今日の本題ですね。

「国外財産調書制度」が開始しておりますが、

こちらは確定申告をする人のみ必要だと思っている方が多いようですが

そうではなく、確定申告の有無に関係なく平成25年12月31日現在で

国外財産が5,000万円超あるかたは全て対象となります。

ストックオプションが対象となる方が多いようですので要注意です。

 

今年の期限は3.17(月)となりますので

お忘れの無いように!!

 

ご利用にあたって及び免責事項

http://www.wakaba-tax.com/?p=564

 

整理整頓

みなさま、おはようございます。

昨日は仕事始めの方が多かったのではないでしょうか?

税理士法人わかばも同様です。

新年は、今年の事務所の目標と職員一同の目標の発表から始まるのが通例となっています。

 

さて皆さんの今年の目標はきっちりたてられましたか?

仕事の目標とプライベートの目標の両方があったほうがいいですね。

 

で、今年のわかばの目標の内の一つに

「整理整頓」があります。

 

まずその第一段階として、

帰るときには机の上を掃除して、

ペンたて

電話

セロハンテープ

穴空けパンチ

以外は机の上に置かないで帰るということにしました。

 

こういう所内のルールを一発でクリアできるかどうかは

非常に大事なポイントですよね。

ある職員さんは休み中に来て、綺麗にしたそうです。

そして「やっぱり綺麗だと気持ちがいい!!」とのこと。

私も自分の机の上が綺麗で気持ちがいいです^^

 

今後は徐々に整理整頓する対象を広げていこうと思います。

参考にするのは「トヨタの片付け」です。

 

年始によったコンビニで買ったMOOK本で勉強です!

 

みなさま、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

  • わかば相続相談センター
  • 町田・相模原 起業専門サイト
  • 税理士法人わかば 青山支店のホームページはこちら
  • twitter[taxwakaba]
  • twitter[wakaba_assistan]

任せて安心 一緒に会社を大きくしましょう!

無料小冊子プレゼント

お気軽にご連絡ください。TEL:0120-152-575。受付時間:9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

町田の税理士法人わかば 経営黒字化、新規開業、相続、贈与、外資系企業は税理士法人わかばにお任せください。東京都町田市 八王子市、神奈川県相模原市 横浜市 川崎市 大和市を中心にサポートしている会計事務所です。

ページトップへ