税理士ブログ

税理士法人わかば:TOP > ブログ > 2014年 > 7月

DVD撮影

みなさん、おはようございます

昨日の豪雨と雷は凄かったですね~
ビカビカ光ってましたよね・・・

車で外に出ていたのですが、
雷が見えるたびに家族で「うひ~」と叫んでました。

さて、話を戻しますと
先日初めてのDVD撮影をしてきました。

セミナーの講師はお陰様で回数を重ねまして
おそらく何十回となっていると思いますが、
DVDは初めてです。

テーマは「外資系企業のマーケットに参入しよう」という
税理士向けの内容です。

約2時間話していたのですが、いやーセミナーと違って
いわゆる「無観客試合」となりますので、反応が分からない・・・・(笑)

中々苦労しましたよ。
でも初回にしては上出来、上位のほうですよと
言って頂いたので、それを鵜呑みにすることにしました!

完成は8月中とのことですが、今から家族が見たいと言っているので
ドキドキしています。彼らは絶対「笑うために」みると思います。。

ではまた!

★クラウド会計に強い町田の税理士法人わかば クラウドブログはこちら
http://blog.livedoor.jp/re_born_now-cloud/ 

★社長の時間が増える給与明細配信サービスのホームページはこちら
http://wakaba-tax.sub.jp/wp/lp/

★経営革新等支援機関がサポートする創業融資の特設ホームページはこちら
http://wakaba-tax.sub.jp/wp/sougyou_yuusi/

Powered by WAKABA TAX CO 町田の税理士法人わかば

税理士法人わかばのTwitter https://twitter.com/taxwakaba

税理士法人わかばの女性Twitter https://twitter.com/wakaba_assistan ←オススメです

税理士法人わかばのFacebookも見てね

寄稿した記事がYahoo!ニュースに載りました!

「消費税」がかからない買い方がある!増税時代のお得な「買い物術」とは?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140627-00001701-bengocom-bus_all

弁護士ドットコム 6月27日(金)17時2分配信

税率が5%から8%に上がった消費税。その差はわずかとはいえ、家計への影響をじわり、じわりと感じている人もいるのではないだろうか。

そんな皆さんに朗報(?)がある。まったく同じモノを買う場合でも、「消費税がかからないケース」があるというのだ。消費税は、どういう場合にかかって、どういう場合にかからないのだろうか。「消費税増税時代の買い物」について、中野雅仁税理士に聞いた。

●「個人間の取引」には消費税がかからない

「あらゆるモノ・取引が対象のようにも思える消費税ですが、実は『非課税』となるケースもあります。

消費税がかかる対象は、『国内において事業者が対価を得て行う資産の譲渡等』とされています。具体例がイメージしにくいですが、まずは『事業者』というキーワードに注目してください」

そこに、どんな意味があるのだろうか?

「消費税は、事業者の取引にかかる税だということです。これを裏返すと、事業者でない『個人間での取引』に、消費税はかからないという意味になります。

具体的にいうと、たとえば『ヤフオク!』のようなネットオークションで、個人同士の取引をする場合、消費税はかからないんですよ」

個人相手の取引だと、相手の信頼性など、別の注意点がたくさんある。しかし、消費税が増すほど、個人間取引のメリットが高まると言えるのかもしれない。ただ、ネットオークションでも、取引相手が事業者ならば、やはり消費税がかかるのでご注意を。

●消費税制度が「追い付いていない」点とは?

「もう一つの注目点が『国内において』という部分です。といっても、海外から貨物を輸入する場合には『輸入消費税』が徴収されますが、これに当てはまらない場合もあるんですよ」

具体的には、どういうことだろうか?

「イメージしやすいのは、海外の事業者と契約して、インターネット上のサービス提供を受ける場合ですね。たとえば、総合通販サイトの『Amazon.co.jp』でも、Amazonが販売するKindle本(電子書籍)には、消費税が課税されていません」

電子書籍には消費税がかからない?

「いえ、国内の事業者が販売する電子書籍には、消費税がかかっています。このような差が生じているのは、海外からのデジタル配信というビジネススタイルに、日本の消費税の制度が追い付いていないことが理由です。

しかし、『国内の業者と比べ不公平だ』という声が大きくなっており、政府も近いうちに税制改正をおこなう方針だと、報道されていますね」

消費税がかからないというのは、一般消費者にとってはうれしい話だが、確かに国内業者は不公平に感じるだろう。ほかに、覚えておいたほうが良い「消費税がかからないもの」は、何かあるだろうか?

「原則として課税されないものとして、土地の譲渡・貸付、住宅の貸付、社会保険医療の給付、介護保険事業なども非課税なので、消費税がかかりません」

身近なところだと、「家賃」にも消費税はかからないわけだ。消費者からすれば、支払いは少しでも減らしたいもの。余計な出費を避けるためには、こうした知識も必要かもしれない。

【取材協力税理士】

中野雅仁(なかの・まさのり)税理士

1971年生まれ。クラウド会計ソフト対応のITに強い税理士。「明るく・楽しく・元気よく」をモットーに中小企業の皆様に幅広いサービスと笑顔を提供中。「資金繰り」、「小規模事業者の節税」、「開業にあたっての税金の注意点」等のセミナーを多数開催。

事務所名:税理士法人わかば

事務所URL:http://www.wakaba-tax.com/

(弁護士ドットコム トピックス)

弁護士ドットコム トピックス編集部

町田自慢サポーター

みなさん、おはようございます。

2014年も今日からいよいよ後半戦ですね!
我々、税理士法人わかばの試みとして
クラウド会計への集中、9月からの2件の新規プロジェクトを前にして
ワクワクする日々を送っています。

さて先ほど広報町田を見ていたところこんな記事が!
IMG_20140629_205317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは応募しないとダメですね!
何といっても町田大好きな税理士なので、
迷わず応募です!

それでは、本日も一日楽しんでいきましょう!

  • わかば相続相談センター
  • 町田・相模原 起業専門サイト
  • 税理士法人わかば 青山支店のホームページはこちら
  • twitter[taxwakaba]
  • twitter[wakaba_assistan]

任せて安心 一緒に会社を大きくしましょう!

無料小冊子プレゼント

お気軽にご連絡ください。TEL:0120-152-575。受付時間:9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

町田の税理士法人わかば 経営黒字化、新規開業、相続、贈与、外資系企業は税理士法人わかばにお任せください。東京都町田市 八王子市、神奈川県相模原市 横浜市 川崎市 大和市を中心にサポートしている会計事務所です。

ページトップへ