税理士法人わかば:TOP > お知らせ > ニュースレター > 拝啓社長殿 > 拝啓 社長殿 : 婚外子の相続差別を違憲とした 最高裁判決について

拝啓 社長殿 : 婚外子の相続差別を違憲とした 最高裁判決について

 

拝啓 社長殿

今回のテーマ: 婚外子の相続差別を違憲とした最高裁判決について

婚外子の相続分は、民法900条4号ただし書きで

「非嫡出子(以下、婚外子)の相続分は嫡出子(以下、婚内子)の2分の1」と規定されています。

 

平成25年9月4日最高裁大法廷(平成13年7月相続発生の事案)は、

結婚していない男女間に生まれた婚外子の相続分を、法律婚の子の半分とする

民法の規定を法の下の平等を定めた憲法14条1項に違反し無効だとする決定をしました。

 

法令に対する違憲判決は戦後9例目とのことです。

平成7年の最高裁大法廷の判決においては「合憲」判決が出ていましたが、この判例変更はどのような理由によるものでしょうか。

souzoku

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1       判決を見直した背景

平成7年の判決は、「法律婚を重視し婚内子の立場を尊重するとともに、
他方、婚外子の立場に配慮して婚内子の2分の1の法定相続分を認めることによって
婚外子を保護しようとしたものである」と判示し、
憲法の法の下の平等に反するものではないとしました。

しかし、今回の違憲判決の理由として、近年の国民の婚姻・家族の在り方に
対する意識の多様化が大きく進んだことを挙げ、
さらに以下の点も判決に影響を与えたものとして挙げています。

① 2001年のフランスの改正を最後に全ての欧米諸国が婚外子の相続分差別を撤廃したこと

② 国連の関連組織からの婚外子差別の撤廃を勧告されたこと

③ 住民票の記載方法や婚外子の国籍取得について婚内子と取扱いを統一したこと

④ 法制審議会においても改正試案が何度か作られたこと(いずれも国会提出には至っていない)

2       違憲判決の影響

今回の最高裁の判決では平成13年7月当時において違憲状態であったとしましたが、
平成25年9月4日以前に確定した遺産分割等においては、その法律関係に影響を及ぼすものではないとしています。

しかし、遺産分割確定後に被相続人の預金など、未分割の新たな財産が発見されることは少なからずあります。
例えば、平成25年9月4日より後に上記のような事実が発生した時の取扱いなど、今後議論となる事例は出てきそうです。

 

お見逃しなく!

今回の判決において最高裁は、相続制度は国の伝統、社会情勢、国民感情等を
総合的に考慮して定めるべきであり、これらは時代とともに変遷すると述べています。

グローバル化、少子高齢化が急速に進展する中で、婚姻・家族の在り方に対する
国民の考え方もさらに変化すると予想されます。

家族制度・相続制度をどうすべきかは、裁判所ではなく国会が対応するべきでしょう。

ご利用にあたって及び免責事項

http://www.wakaba-tax.com/?p=564

 

credit

  • わかば相続相談センター
  • 町田・相模原 起業専門サイト
  • 税理士法人わかば 青山支店のホームページはこちら
  • twitter[taxwakaba]
  • twitter[wakaba_assistan]

任せて安心 一緒に会社を大きくしましょう!

無料小冊子プレゼント

お気軽にご連絡ください。TEL:0120-152-575。受付時間:9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

町田の税理士法人わかば 経営黒字化、新規開業、相続、贈与、外資系企業は税理士法人わかばにお任せください。東京都町田市 八王子市、神奈川県相模原市 横浜市 川崎市 大和市を中心にサポートしている会計事務所です。

ページトップへ