税理士法人わかば:TOP > お知らせ > ニュースレター > 拝啓社長殿 > 【拝啓 社長殿】今回のテーマ: 日本市場を見直す成長戦略

【拝啓 社長殿】今回のテーマ: 日本市場を見直す成長戦略

みなさん、こんにちは!
今月の拝啓 社長殿をお送りいたします。

今回のテーマ: 日本市場を見直す成長戦略

~あえて海外進出をしない!?~

現安倍政権の進める「成長戦略」の1つとして国際展開戦略が掲げられております。
この戦略の1つに海外市場の獲得のための戦略的取り組みとして、潜在力ある
中堅・中小企業等向け海外展開支援体制の強化、海外現地における「海外ワンストップ相談窓口」の創設、
我が国企業の人材の育成とグローバル化の推進などの実施があります。

1       日本企業の海外事業の状況

2011年度の海外現地法人の経常利益総額は、10.6兆円(前年度比▲2.5%)です。
また、売上高経常利益率は、5.9%(同▲0.2%)で、これは国内法人の利益水準3.3%
と比較しますと海外現地法人は健闘していると言えます。

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、これを国別かつ企業規模別に見ますと、特に中国やインドなどマーケット事情や法制度などの
投資インフラが日
本と大きく異なり、商慣習が独特な国では、黒字となっている現地法人は半数以下です。
特に、小企業においては、大企業と比べて、日本本社から投入することの出来る人材や資金に余裕がなく、
現地で必要なマーケティング活動等が十分行えず、苦戦されているケースが多くなっています。

2

 

 

 

 

 

 

2    日本市場の中での成長戦略

茲許大幅な為替水準の円安移行により、日本国内で生産する方が却って割安になるケースも出ています。
さらに、中国や東南アジアなど新興国では経済発展に伴う人件費の高騰により、安い労働力を活用すると
いう生産モデルは通用しなくなっています。

自社の技術でどういった新製品による新市場が切り拓けるのか、を改めて徹底的に追求し、
日本市場の中でも必ず成長戦略を描けるはずです。

お見逃しなく!

いまこそ、勝手知ったるこの日本市場で、自社であれば本当に何ができるのか、どういう成功事例があるのか、
まだ出来ることがあるのではないか、本当に海外に進出しないといけないのか、といったそもそもの企業として
のあり方を見直し、自社の身の丈にあった確実な成長戦略を再構築していくべき時に来ていると言えます。

notice

  • わかば相続相談センター
  • 町田・相模原 起業専門サイト
  • 税理士法人わかば 青山支店のホームページはこちら
  • twitter[taxwakaba]
  • twitter[wakaba_assistan]

任せて安心 一緒に会社を大きくしましょう!

無料小冊子プレゼント

お気軽にご連絡ください。TEL:0120-152-575。受付時間:9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

町田の税理士法人わかば 経営黒字化、新規開業、相続、贈与、外資系企業は税理士法人わかばにお任せください。東京都町田市 八王子市、神奈川県相模原市 横浜市 川崎市 大和市を中心にサポートしている会計事務所です。

ページトップへ