税理士ブログ

税理士法人わかば:TOP > ブログ > 新設

会社を作るときに考えないといけないこと:決算月はいつにするか?

会社を作るときには、色々と考えないといけないことがありますよね。

・定款の目的は何にするか。

・役員の任期は何年が良いのか。

そして決算月はいつにするのが良いのか?

日本は3月決算が多いからといった単純な理由で

3月決算に決めてしまったりするのは危険です!

 

なぜならば、もしあなたの会社が3月に沢山売上の上がるビジネスをしていたらどうなると思いますか?

3月の売上は入金が無くても3月の収入として計算されます。

つまり税金の対象となってしまうのです。

3月決算法人の3月の売上に対して取れる節税策は限られています。

ですので一番売れる月は、その会社の会計期間の前の方になるよう

決算月を考えるべきなのです。

 

3月に売上が大きく計上されても、決算月が2月であれば

ほぼ一年かけて対策を考えることが出来ますよね!

 

「会社を作るときに考えないといけないこと」は沢山あります。

町田の税理士法人わかばにお問い合わせ下さい。

一緒に会社の未来を考えましょう!

 

ご利用にあたって及び免責事項

http://www.wakaba-tax.com/?p=564

 

  • わかば相続相談センター
  • 町田・相模原 起業専門サイト
  • 税理士法人わかば 青山支店のホームページはこちら
  • twitter[taxwakaba]
  • twitter[wakaba_assistan]

任せて安心 一緒に会社を大きくしましょう!

無料小冊子プレゼント

お気軽にご連絡ください。TEL:0120-152-575。受付時間:9:00~18:00

メールでのお問い合わせ

町田の税理士法人わかば 経営黒字化、新規開業、相続、贈与、外資系企業は税理士法人わかばにお任せください。東京都町田市 八王子市、神奈川県相模原市 横浜市 川崎市 大和市を中心にサポートしている会計事務所です。

ページトップへ